PROFILE

亞當

Author:亞當


噗-啦!


這就是所謂的博愛?


感謝留言ˇ

時光匆匆...

内部検索

管理者專用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラ・ピュセル

燃え落ちる塔(Tour トゥー(ル)) 弔いの鐘
終わることない 剣のDa Capo(ダカーポ)
白い百合踏み 赤い薔薇咲く 
荒れ果てた庭 1429(mille quatre cent vingt neuf ミ(ル) キャトル ソン ヴァンヌフ)  
無力の王太子(Charles シャルル) 暗愚の家臣  
国の終焉りに 為す術も持たず  
嘆きの民と 最後の砦
囲み笑うは異国の侵略者(Anglais アングレー)    
歴史は 何時も 必然で
奇跡を けれど 人は求める
聴け少女よ 天使の声を(VOX ANGELLOLUM ヴォークース アーンジェロール(ム)) 

なぜ私? なぜ立てと? 問う言葉 飲み込み 
少女は 髪と涙落とす 
この腕で 戦えと ただ声が 命ずる  
私を呼ぶ 炎

男装の騎士 神の道化師 
戦い控え嘲笑った 騎士たちは(Chevalerie シュヴァリエ)
前行く旗に  励ます旗に  
少女を愛し 剣を捧げた 
嫉妬の王と (Charles シャルル) 惰弱の家臣 
王位を得れば 少女(おもちゃ)は投げ捨て 
憐れむ民は されど少女を 
恩寵の日を 永遠に語り継ぐ 

祖国を 護る 戦いに 
騎士たちは(Chevalerie シュヴァリエ)集い 旗を見上げた
見よ少女よ あれが オルレアンだ(AURELIANUM アウレリアーヌム) 

火に撃たれ 引き裂かれ 焼きついた傷跡 
泣き声は 上げても逃げない 
声嗄らげ 旗掲げ 抗えるのならば 
闇を照らせ 炎
 
神様 いつかは あの村に 帰って 
あなたに 愛され 木陰 眠れますか
 
血を流し 地に踏まれ 実もつけず 散る花 
少女は ただ唇を噛む 
踏み込んだ 庭の奥 茨に傷ついて 絡め囚われ 
運命に 摘み取られ 萎れてく 百合なら 
せめて人の 記憶飾りたい 
見た夢が 未来図が 購えるのならば 
私包め 炎 燃燒著墜落的塔 喪悼的鐘聲
沒有結束之日的 劍的反覆曲
踩著白色的百合 綻放紅色的薔薇
在那荒蕪的庭院 1429年
無力的皇太子(查理) 愚昧的家臣
對國家的終末 無力回天
包圍著嘆息的人民和 最後防線的是
異國的侵略者

歷史總是必然的
但人們仍然尋求著奇蹟
聽吧!少女 那天使的聲音

為何是我? 為何要挺身而出? 吞下疑惑的話語
少女剪下頭髮落下眼淚
用這手 去戰鬥 那聲音只是這樣命令
那呼喚我的火焰

男裝的騎士 上帝的小丑
停下戰鬥而笑了起來的騎士
向前進的旗子 激勵人心的旗子
因為愛著少女而將劍奉獻給她
嫉妒的王(查理) 懦弱的家臣
一旦得到王位 就將少女(玩具)丟棄
可憐的民眾 卻還述說著少女
被恩寵的日子將會是永遠

為了保衛祖國的戰爭
騎士們聚集 舉頭望著旗子
看吧!少女 那就是AURELIANUM(帝都)

被火擊中 被撕裂 那燒傷的痕跡
就算忍不住哭泣 也不會逃避
聲嘶力竭 舉著旗子 對抗敵軍的話
必定能照亮暗的 火焰

神啊 是不是能夠有一天 回到那個村子
在你所愛的樹蔭下入眠?

流著血 被踐踏在地 連果實都沒有結就散落的花朵
少女只是緊咬著嘴唇
踩進庭院的深處 被荊棘所傷
被包圍而困住
如果是命運註定會被摘下而枯萎的百合
至少希望能裝飾在人們的記憶中
如果能換來夢中的未來
就包圍我吧 火焰

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zaphdealle.blog7.fc2.com/tb.php/1202-1beb84c1

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。